解説鳴子漆器

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
江戸時代初期に、現在の鳴子町地域を支配していた領主が地元の漆器職人と蒔絵職人を京都に修行に行かせたという。

その成果か江戸時代中期の書物には、鳴子の産物として、塗物と記されている。

透明な漆を使って木地の木目を見せる「木地呂塗(きじろぬり)」や、木地に漆を何度もふいて染み込ませ、漆の色だけを表面に残して仕上げる「ふき漆仕上げ」などの技法を使っている。

漆の質感を楽しむ上品な仕上がりが鳴子漆器の特徴である。
旅の思い出を食卓で楽しまれてはいかが?


TOPPAGE  TOP